【無料】7/7(日)みらい発見ワークショップ開催!

RIASEC診断でR(現実的)の点数が高いあなたへおすすめの仕事、学部を紹介

自分の興味がある仕事って何だろう?」でRIASEC診断を実施し、R(現実的)タイプと診断された方に、実践的なスキルを活かせる職業や学びたい学部について詳しくご紹介します。自然と手を動かし、成果を形にすることで達成感を得るRタイプのあなたが輝けるフィールドを見つけましょう。(RIASEC診断を実施していない方は、こちらの記事を先にご覧ください。)

ミラッソでは、進路相談コーチングを随時受け付けております。進路に悩む中高生とその保護者の皆さんはお気軽にお問い合わせください。

6/16,7/7(日)に職業体験×進路発見「みらい発見ワークショップ」を開催します。進路に悩む高校生の皆さんはこちらにご参加ください。

目次

R(現実的)タイプの特徴と強み

Rタイプの人々は、具体的な物の操作や、手に職をつけることに強い関心を持っています。具体的な活動や、手作業によるものづくりに喜びを感じ、周囲の環境に即して、実用的な解決を目指すことに長けているケースが多いです。また、実験や建設作業など、物理的なスキルを要する任務においても、その能力を強みとして発揮します。Rタイプはまた、緻密な計画に基づき、手順を追ってタスクを達成する傾向があり、これが大きな強みの一つになります。

Rタイプと他の性格タイプの関係

Rタイプの人々は、他の性格タイプと協力することによってさらにその能力を発揮します。たとえば、Iタイプ(研究的)の人々は理論や分析に長けており、Rタイプはその理論を実践に移すうえで貴重な役割を果たします。Aタイプ(芸術的)の人々は創造性が豊かで、Rタイプはそのアイディアを具体的な産物に変える助けとなります。また、Eタイプ(企業家的)の人々はベンチャー精神が旺盛で、その実行力の源としてRタイプの実践的なスキルが求められるのです。こうした相互関係を理解することは、キャリア形成において重要なポイントとなります。

Rタイプに適した職業の一覧

Rタイプの方が活躍する職業の一覧を紹介いたします。例えば、建築士や機械工、電気技師といったエンジニアリング関連の仕事は、具体的な成果物を作り出す達成感を得られるものです。また、農業や林業、漁業など自然に関わる職業も、自らの手で実りを育てることの満足感があるため、Rタイプに適しています。さらには、自動車整備士や警備員なども、手に職をつけて実践的な能力を活用できるため、おすすめの職業です。これらの職業の具体的な仕事内容や魅力、求められるスキルなどを解説していきましょう。

職業選択のための要素と考慮事項

Rタイプに合った職業を探す際、多くの要素を考慮する必要があります。まず、自分の関心や能力、価値観がどのような職業や業種と一致しているのかを検討することが重要です。業界の動向や将来性も無視できません。例えば、環境意識の高まりを受けて、再生可能エネルギー関連の職種が将来有望とされています。加えて、職場環境や仕事の条件、バランスなど、自分のライフスタイルに合う職業選びが大切になってきます。これらを踏まえつつ、Rタイプに適した職業のいくつかを抽出し、一つひとつ分析していきます。

Rタイプにおすすめの大学選択

Rタイプ、つまり現実的な能力に秀でた人にとって、理想的な大学選択はそれだけで夢を追いかける旅の出発点となります。実用的なスキルの習得、科学技術の深い理解、そしてそれらを活かした社会への貢献を踏まえた上での選択は、将来のキャリアに大きな影響を与えるのです。そこで何を学ぶか、どこで学ぶかが重要な要素となってきます。

理系学部の魅力と可能性

近年、テクノロジーの進展とともに、理系学部の学問は注目を浴びております。具体的な世界を体系立てて理解し、その知見をもって新しい製品や技術の開発に貢献できることが、理系学部の大きな魅力です。生命科学、工学、物理学など様々な分野があり、それぞれが社会の進歩や発展に不可欠な役割を果たしています。対象とする現象が具体的で実践的なため、Rタイプの人には特に相性が良いと言えるでしょう。高度な専門知識と技術が身に付くので、卒業後のキャリアの幅も大きく広がります。理系学部で学ぶことにより、実際に世の中に役立つ技術を手にできる可能性が広がるのです。

 大学選択の際のポイント

大学選択をする際には、いくつかのポイントがあります。まず最も大切なのは、自分が何に興味を持ち、どのような分野で将来活躍したいのかを明確にすることです。そして、それを実現するためにどの大学が適しているのかをリサーチします。大学の持つ教育の質、研究設備、卒業後のキャリアサポートなど、様々な要素を検討し、自身の目標と合致するかを見極めることが重要です。また、実際にキャンパスを訪れてみて、その環境や雰囲気を肌で感じることも大学選択においては有効でしょう。

大学で学べるRタイプ向けの専攻分野

Rタイプ向けの専攻分野としては、機械工学、土木工学、農学、林学などの実践的な学問が挙げられます。これらの分野で学ぶことは、物事を具体的に創り出すプロセスへの理解を深めたり、環境問題に対する実際的な解決策を考案する力を養います。また、新しいマテリアルやエネルギー源の開発、生物多様性の保全、食料問題への対応など、現実に即した社会的課題の解決に向けた学びが可能です。Rタイプの方々が持つ実用性を重んじる思考は、これらの専攻分野で活かされ、学んだ知識や技術をもって社会に貢献することが期待されるのです。

実践力を活かす仕事紹介

RIASEC診断でR(現実的)タイプの点数が高いということは、実践的なスキルに長けており、具体的な作業やタスクに取り組むことへの適性があると考えられます。手を動かして何かを作ったり、目の前の問題を直接解決したりすることに強みを持つ方には、さまざまな職種がマッチするでしょう。ここでは、そんなRタイプの方々に向けて、実践力を生かせる具体的な仕事を紹介していきます。

 技術職種とその将来性

技術職種は、ものづくりやインフラ整備、環境問題解決など多種多様な分野にわたり、高度な専門知識と実践的な技術が要求される職業です。たとえば、エンジニアや建築士、技能工など、具体的なプロジェクトを成功に導くキーポジションがあります。これらの職種は早変わりする社会のニーズに応じて進化し続けるため、その将来性はとても高いといえるでしょう。また、新しい技術の習得や最先端の知識を更新することが重要であり、生涯学習がキャリアを左右することになります。

ハンズオンで働くためのコツ

ハンズオンで働く際には、専門的なスキルを持っていることが前提ですが、さらにチームワークやコミュニケーション能力も重要です。実際の作業においては、周囲のスタッフと協力し合いながら細かい調整を行うことが多いため、柔軟性と協調性が求められます。作業を進める中で生じる予期せぬ問題に迅速に対応するためには、冷静な判断力とソリューションを提案できる力も必要です。これらのコツを押さえることで、より効果的な職場でのパフォーマンスを期待できるでしょう。

実際に働いているRタイプの職人紹介

Rタイプの特徴を活かして活躍している職人の具体的な例を取り上げてみましょう。たとえば、木工職人や金属加工技師、さらにはエレクトロニクスの分野で高度な技術を駆使する職人などがあります。彼らは日々の実務を通じて磨かれた高い技能と無尽蔵の情熱を持ち合わせており、その作品やサービスは多くの人々の生活に欠かせないものとなっています。これから実践力を活かす仕事を目指す方々にとって、彼ら職人たちのキャリアは大いに参考になることでしょう。

現実に即した職種紹介

Rタイプのあなたが実際に活躍できる場とは、具体的な作業が多く、手に職をつけられる分野がおすすめです。では、どのような職種が存在するのか細かく見ていきましょう。

設計・エンジニアリング領域の仕事

Rタイプの方に見合った仕事は多くありますが、設計・エンジニアリング領域の仕事は特にその能力を活かせる領域であります。たとえば、機械設計では、製品や機械の構造を計画し、3D CADを使用して設計図を描く技術が要求されます。実際に製品が組み立てられ、動く様を想像しながら形にしていく作業は、Rタイプの方にとって非常にやりがいのある仕事でしょう。さらに、電気・電子設計では、回路の設計やシステムの組み込みといった仕事があり、物事を論理的に、そして具体的に捉える力が試されます。これらの仕事は、細部にわたる注意力と実際的な思考を持つRタイプの人にとって、天職とも言えるでしょう。

農林水産・自然科学領域の仕事

自然界と密接に関わる仕事も、Rタイプの方には非常に適しています。たとえば、農業や林業では、作物や林地の管理を通じて、食料や資源を生産することが主な仕事です。こうした職業では、気象や季節の変動を観察し、その情報をもとに具体的な作業計画を立てる能力が問われます。水産業では、魚の養殖や漁場の管理など、地域の自然条件に適した作業が求められることが多く、実際的な問題解決能力が要されます。自然科学では、環境や生態系の保全に関する研究を行うことで、私たちの生活環境を豊かに保つことに貢献できる可能性があります。これらの職種では自然との調和を大切にしながら、具体的な成果を求められるため、現実的な思考を持つRタイプの人に適していると言えるでしょう。

建設・製造業界の職種とキャリアパス

建設業界では、道路や建物の建設に関わる仕事が数多くあります。現場での作業はもちろんのこと、見積もりや工程管理など、準備段階での仕事も重要です。こうした仕事は、具体的な結果を目で見て確認することができるため、Rタイプの方には満足感を与えるものとなるでしょう。また、製造業界では、製品の品質を保つための生産技術や品質管理の知識が求められます。細かな部品の一つ一つにこだわり、最終的な製品の性能に反映させるため、慎重な作業と綿密な計画が必要です。ここでもRタイプの特徴である現実的で丁寧な仕事ぶりが活かせる職種となっているのです。

企業で求められるRタイプの人材

日本では、RIASEC診断が多くの人にとって重要なキャリア選択の指標となっています。特にRタイプ、いわゆる現実的な性格の持ち主は、実践的なスキルと地に足のついた働き方で多くの企業から求められているのです。機械的な能力や工具を使った作業に長けており、現実的な問題解決の能力も高いため、具体的な製品を生み出す製造業や建設業界で特に重宝されます。Rタイプの人材は、目の前にある課題に対し、直観的かつ論理的に取り組むことができるため、彼らの力が求められるのです。

産業界でのRタイプの重要性

産業界におけるRタイプの重要性は、その現実的で実務的な能力に起因します。例えば、製造業では、具体的な製品の設計、制作において彼らの能力が直に成果として現れます。また、設備の保守やオペレーションにおける問題解決能力は業務の安定化に直結するため、業界内でのRタイプの位置づけは非常に高いものがあります。一方で、建設業界では、現実的な視点で物事を捉える能力がプロジェクトの成功を左右する重要なファクターとなります。Rタイプの人材が担う現場のリーダーシップやチーム管理の役割は、工事の安全性や効率性の向上に不可欠な要素です。このように、産業界全体においてRタイプの人材は現場を支える根幹となっており、その必要性は今後も増していくでしょう。

膨大な選択肢の中から最適な学部を見つけよう

たくさんの大学があり、それぞれが多彩な学部を提供している今、R(現実的)タイプのあなたに最適な学部を見つけることは簡単なことではありません。あなたの強みや興味、将来のキャリア目標に合致した学部を探すことが大切です。

各大学が提供する学部の比較

さまざまな大学で提供されている学部の中から、R(現実的)タイプに適した選択をするには、各学部のカリキュラムや実績をよく理解する必要があります。理系学部、工学部、農学部など、実用性や実務的なスキルを重視する学部がRタイプのあなたには向いているでしょう。また、各学部が展開する研究分野や企業との連携状況も重要な判断基準となります。具体的な産業界での実践的な経験を積めるインターンシッププログラムの有無もチェックしてみましょう。

学部選択時のチェックリスト

学部選びに際して、複数の要素を考慮することが重要です。まず、自分の興味や得意な分野が明確に反映されるカリキュラムを設定している学部を選ぶべきです。次に、卒業後の就職実績や産業界との提携状況を確かめることも必要です。また、学ぶ環境や設備、学ぶ同士のコミュニティの質も重要なポイントです。チェックリストを作成し、これらのポイントを一つひとつ確認していくことが望まれます。

目指す業界に合わせた学部選び

目指す業界にぴったりの学部を見つけるには、産業の動向を理解し、それに応じたスキルを磨ける学部を選ぶことが不可欠です。例えば、技術革新が進む自動車産業に興味があるなら、ものづくりを学べる工学部や機械工学科が適しているでしょう。建設やインフラを学ぶ土木工学科も、社会基盤を支える重要な役割を果たす業界に適した学問分野です。興味のある分野について深く理解し、じっくりと研究できる学部を選ぶことが理想的な学部選びにつながります。

Rタイプにマッチした学術分野とは

現実的(R)タイプが得意とする分野は、実践的なスキルが求められる学問領域でしょう。具体的には、物理的な対象や機械、データ処理などの技術的なことに触れることが多く、理論よりも実用性や応用性にウェイトを置いています。Rタイプの人々は手を動かすことで学び、具体的なものづくりを通じて理解を深めます。そのため、工学部や農学部、理学部の中でも実験が重視される学科などが、Rタイプに合った学術分野と言えるでしょう。次に、そういった分野での具体的な学問に触れていきます。

工学部の様々な専攻とその未来

工学部には多岐にわたる専攻がありますが、Rタイプにぴったりなのは、機械工学、電気電子工学、土木工学、化学工学、情報工学など、実践的な技術と直接関わる分野です。これらの専攻では、実験や実習が多く、ものづくりの基礎から応用までを学びます。また、社会インフラの設計や開発、最先端技術の研究に関わることも多く、社会貢献度の高い業界への道が開かれています。これからの技術進化には欠かせないこれらの分野は、確かなキャリアを築くための土台となり得るでしょう。

土木・建築分野における学問の展望

土木・建築分野はRタイプにとって非常に適した学問領域です。都市計画、交通インフラの設計、建築物の設計・施工管理など、幅広い技術が求められるこの分野は、具体物を作り上げる達成感と社会に対する影響力という両方を兼ね備えています。さらに、防災やエコ技術の分野も重要視され、これに関わることで社会的なニーズや責任を感じながら、専門性を高めることができるでしょう。また、新しい素材や技術を取り入れた施工方法なども常に更新され、学ぶことは尽きません。このように、土木・建築分野は、常に新たな挑戦ができる未来志向の分野と言えるでしょう。


進路相談コーチングに参加して、将来やりたいことを見つけませんか?

ミラッソではオンラインで一人一人の進路を一緒に考える進路相談コーチングを実施しております。初回は無料ですので、お気軽にご相談ください。詳細はこちらをご覧ください。

中高生向けキャリア教育×探究学習「ミラッソ」では、将来やりたいことを見つけられる3つのカリキュラムをご用意。ぜひご参加ください!

職業体験や様々なワークを通じて、将来の目標や希望する進路を見つけて、勉強のやる気を引き出す1ヶ月完結のワークショップ
※3ヶ月に1回開催、横浜・桜木町

自らがやりたいことや課題意識を元に、チームで0→1を創造するプロジェクトを実践する探究学習の部活動
※23年度は5月開催予定、月2回開催

1対1のコーチングを通じて、将来やりたいことや志望校決定までサポートします 
 
※計1回or3回、随時受付、オンライン 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

末次達弘のアバター 末次達弘 ミラッソ 代表兼コーチ

2001年慶應義塾大学総合政策学部卒業。同年、株式会社NTTコミュニケーションズ入社。2009年株式会社NTTドコモに転籍。入社以来、新規事業創出プロデューサーとして、教育サービスやコミュニティサービスなどこれまで9つのサービスを創出。また、国家資格キャリアコンサルタントを取得し、キャリアコンサルティングや研修事業の企画・講師として、計3,000人の研修を実施。2022年、中高生のミッション、パッション、アクションを育むべく、ミラッソを設立。横浜市在住で、3児の父。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる